読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pinkAnation

旅行・映画・音楽など、趣味に関する気ままなぶろぐ

アラスカ~アンカレッジ~

私たちのアラスカ旅の全旅程はこちら

 

~1日目:アンカレッジ~
まず、PAからアンカレッジはもはや大陸横断。長かったよ。
幸い、飛行機で全然寝れる人なので体力温存のためぐっすり。
乗継もあったけど、気が付いたらそこはアンカレッジでした。なんてね。

ANC空港でMi子とT子と合流。空港からアンカレッジ市内のホテルまではタクシーで。
9月のアンカレッジの気温は15℃前後でした。着いたのが夜だったから少し肌寒くてジャケットを入ったけど、日中はもう少し快適だったはず。

アンカレッジではHistoric Anchorage Hotelに宿泊。

f:id:pink_tarako:20160330091058j:plain

可愛くて味のあるホテルでしょう。
ホテルを決める条件は、翌朝に行くアラスカ鉄道の駅までの距離が近くて、レストラン街からも近いということでした。他のチェーンホテルもありましたが、値段とやっぱりネーミングに惹かれて、このホテルをチョイス。内装はあまり撮影しなかったけど、レトロな感じがたまりませんはーと

チェックイン後、ペコペコなお腹に美味しい物を入れるためにレストランを探しに市内を歩き回りました。アンカレッジ市内は、イメージ的に札幌みたいだと感じました。東西南北が明確な道路の構造が似てるなと思いました。ただ、札幌よりはお土産屋さんや旅行代理店が多く、そこはやはり観光タウン。日本語が書いてあるお店も少なくなかったし、日本料理屋さんも多い。やはりアラスカは日本人に人気の観光地だと改めて感じました。

さて、夕食は、普段美味しい海鮮料理に恵まれないPA在住とCO在住の二人たっての希望で、海鮮料理に。そりゃそうでしょ。アラスカだもの。

ホテルで頂いた市内マップを参考に、ちょっとだけ街を散策してから、ORSOというシーフードレストランで夕食を頂くことに。金曜日の夜だったためかちょっと混雑していて、席が空くまで20-30分程待ちました。ログハウス風の内装のレストランは広くて雰囲気も良く、お料理もおいしかったです。

看板だけ見ると完全に北海道。笑

f:id:pink_tarako:20160401075206j:plain
頂いたのはサーモン、クラムチャウダー、カラマリ。「女子」の胃袋なので、これを3人でシェア。

f:id:pink_tarako:20160330091151j:plain

腹八分目になったところでホテルに戻り、明日の長旅の準備を。